日本の伝統文化を大切に伝えたい夢を持つ皆さんとご一緒に夢を現実にしていきます。

日本伝統芸術伝承協会(JSTA)は、日本の伝統文化を大切に伝えたい夢を持つ企業、団体、個人の皆さんとご一緒に夢を現実にしていきます。

JSTA ができること

日本伝統文化を伝承する日本伝統芸術総合プロデュースを行います

  1. 日本伝統文化を芸術的に伝える様々なコンテンツを企画制作
  2. 日本伝統文化を芸術的に伝えるキャスティング及びブッキング
  3. 日本伝統文化を芸術的に伝える専門的な指導

日本伝統芸術伝承協会が伝える日本伝統文化の概念

日本の発展に寄与している日本が誇る下記の文化を伝承していきます

▶︎ 日本伝統芸能・芸術文化(日舞周辺・邦楽器周辺・浮世絵周辺など)

▶︎ 日本伝統行事文化(初詣・祭・神社・仏閣周辺など)

▶︎ 日本伝統食文化(日本酒・そば・寿司・天ぷら・老舗など)

▶︎ 日本伝統工芸文化(技法・作品周辺など)

日本伝統芸術伝承協会が考える未来

江戸の時代、世界一の百万都市だった江戸の町には「連」と呼ばれる市民サークルが泰平の華と咲き乱れていました。「連」は利害関係のない同好の士によって構成されたリベラルな集まりで、職業身分年齢性別のすべてを超えて成り立つ存在でした。

そこには、今では伝統芸術となった、「日本舞踊」「長唄」「三味線」「鼓」「新内節」「浮世絵」「戯作」「俳句」「座敷話」「小紋」 「千代紙」「食」「器」「着物」「祭り」「簪」といった、演者や職人の手による芸術の極みが集結していました。

私たちは、日本が誇る伝統芸術と、衣食住を取り巻くあらゆる和の心と様式美を今こそ世界へ発信するために、現代の「連」となるべく日本伝統芸術伝承協会【JSTA】の旗を掲げています。同時に、グローバル化によって見失いつつある大切なコト、モノを日本の若い世代へ引き継いでいくため、 わかりやすい現代のカルチャーと融合した最新で素晴らしく、感動的な愉しい日本伝統芸術を一人でも多くの人に伝え、育成することを目指していきます。

その伝統芸術を正しく継承伝承していくことが、江戸前の美意識と根付き、日本の近未来を明るいものにすると信じています。